化粧品輸入代行のサービス【丁寧なサポートを受けることができる】

化粧品ビジネスをはじめる

女性

プロの力を借りよう

輸入化粧品のビジネスを始める場合は、化粧品製造業許可と化粧品製造販売業許可を、必ず取得しなければなりません。輸入化粧品は、成分表示のラベルを日本語表記にしたり、パッケージに、販売元として社名や連絡先を、追記する必要があります。化粧品製造業許可を取得していなければ、これらの作業を行う事が出来ません。また、輸入化粧品を倉庫に保管する行為にも、こちらが必要です。こちらを取得するには、様々な条件を、クリアしなければなりません。特に、事業所の設備に関しては、厳しく審査されます。化粧品製造販売業許可を取得すると、国内のマーケットで、輸入化粧品を販売する事が出来ます。そして、販売する物に対して、責任を負う立場になります。化粧品製造販売業許可を取得するには、統括製造販売責任者や品質保証責任者、安全管理責任者を任命しなければなりません。さらに、品質管理業務手順書と、製造販売後安全管理業務手順書を作成しなければなりません。この二つは、大変重要な書類です。輸入化粧品のビジネスを始める場合は、化粧品輸入代行会社に依頼される事を、おすすめします。これらの手続きを、滞りなく進めてもらう事が出来ます。化粧品輸入代行会社の中には、化粧品輸入代行の業務だけでなく、成分分析を行っている会社や、コンサルティングを行っている会社もあります。また、通関手続きなどに不安を感じた場合は、トラブルを避ける為にも、化粧品輸入代行会社に依頼された方が良いです。